突き指ってどういう状態?

こんにちは、変わる人です。

先日、十数年ぶりに突き指をしました。(´;ω;`)
とても痛かったです。
1歳半の子供と遊んでるとき、子どもたちに大人気のエビカニクスを大はしゃぎして踊っていたら左手薬指が壁に激突しました。

youtu.be

怪我するわ、子供はクスリとも笑ってないわで最悪でした。

幸い2~3日湿布してたら痛みは引いたので大した怪我はなかったようです。

で、本題はここから。
指のじんじんする痛みを味わいながらふと疑問が浮かびました。

突き指ってどういう状態?

そりゃあ、壁に指先から正面衝突したんだから痛いのは理解できるが、
具体的に何がどうなって痛いの?
骨?人体?筋?

ということで、突き指について調べましたよ(゚∀゚)アヒャ

定義を調べてみた

突き指の定義を調べたくてコトバンクで調べてみた

主として先端方向からの外力による指の傷害。靭帯(じんたい)や腱(けん)の断裂,捻挫(ねんざ)などが起こる。ボールを扱うスポーツの場合に多く生じ,指の関節部がはれて痛み,変形や軽度の機能障害を残す。

なるほど。骨への強い衝撃で

  • 骨と骨をつなぐ靭帯
  • 骨と筋肉をつなぐ腱

が傷むという感じかな。

靭帯とか腱って伸び切ったときに断裂したりダメージを負うイメージだけどな。
骨への衝撃でも痛むことを理解。

詳しい解説を調べてみた

日本骨折治療学会のページにはこんな記載が。

「腱や靱帯」が損傷されると、脱臼や関節が不安定な状態となり、「骨」が損傷されれば骨折となります。 両者が同時に損傷されると、脱臼骨折ということになります。

ふむふむ。

  • 腱や靭帯の損傷=脱臼(関節が不安定)
  • 骨が損傷=骨折
  • 両方が損傷=脱臼骨折

というわけか。

また、

指に対してまっすぐの方向(長軸方向)に力が働くと、末節骨(一番先端の指骨)または中節骨(2番目の指骨)に損傷が生じることがあります。

と、記載があります。
手の骨のわかりやすい画像を見つけたので掲載。画像はこちらのサイトからお借りしてます。

f:id:kawaruhito:20180327150814g:plain

末節骨と中節骨にしか触れてませんけど、基節骨が傷むことはないんでしょうか?
実際僕が痛みを感じてたのは基節骨のあたりなんですが。。。

もう少しだけ調べてみた

突き指で基節骨が傷むという情報を探してみましたが、あまり見つかりませんでした。
唯一こちらのサイトでちらりと触れています。

また突き指によっては、中節骨と基節骨(一番根元の骨)の間で、骨折や脱臼が起こることもあります。

まあ、指先から遠いし、太いからダメージを受けにくいということなのかなぁ、と一旦理解することにします。

治すために重要なこと

これについてはググったらたくさん出てくるので調べてください。(手抜き)
いろんなサイトを見ましたが共通していってることは下記の3つ。

  • 冷やせ!
  • 引っ張るな!
  • 病院行け!

骨が折れていたり、靭帯や腱へのダメージが深刻な場合があり、素人判断で放っておくと指が変形してしまうこともあるそうなので病院行きましょうね~。
(まあ、僕はいかなかったですけどね。。。)

まとめ

ということで、突き指っていうのは

  • 靭帯や腱へのダメージ
  • 場合によっては骨折してることもある
  • すぐに冷やして病院に行け!

という感じ。

ちなみに、この記事を書くにあたって突き指に関するいろんなサイトを見ましたが、どのサイトでもボールを使ったスポーツで起きることが多いと記載していましたが、それ以外でも僕のようにはしゃぎすぎるしても突き指するので、皆さんはしゃぎ過ぎにはご注意ください。

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です