整体セミナーの補講に参加してきました

こんにちは、変わる人です。

今週の火曜は整体セミナーの補講に参加してきました。

今回も参加者は二人だったのでみっちりと稽古ができました。

もうひとりの参加者の方がリラクゼーション系のマッサージ屋さんではたらいていますが、最近新しく整体のお店でもはたらきはじめたそうです。

そういうこともあり、補講の序盤はお客様にリピートしてもらうためのアドバイスから始まりました。
技術的なはなしからトーク術まで。

僕もそう遠くない未来に整体の業界に身を投じる予定ですので、その内容には興味津々。

補講の内容はというと
* 母指で弾くやつ
* 骨膜のやつ

どちらもかなり難しい。全然感覚がつかめない(;´∀`)
でもこれについては宮崎先生からも難しいテクニックだと言われているので、技を習得するまでの経験値稼ぎとおもって地道に数稽古することにします。

あとは視診についてもいろいろアドバイスをいただきました。
今の僕は施術の前後でな 変化した所はなんとなくわかるんだけどはっきり言語化することができない。

僕がうまく説明できないでいるときに、宮崎先生が言った「下肢の輪郭がはっきりした感じ」という表現がかなりしっくり来ました。

そこから患者さんの変化のとらえ方に関する話に発展しました。

  • 点で見る
  • 線で見る
  • 面で見る
  • 輪郭で見る
  • 空間で見る

こんな感じで施術者によって見方が違うそうで、当然いろんな見方を使い分けられるのがベストだそう。
(たしかここについては筋膜の世界の話とおっしゃってたような。自分でももう少し調べて見ようかと思います。)

ちなみに僕は筋骨格系の意識より、内臓の意識のほうが強い人らしい。
強化系じゃなくて変化系みたいな。キルアとかヒソカと同じ(゚∀゚)アヒャ
ちょっと嬉しい。

帰りの電車でも一緒に受講していた方に整体業界で働くことについていろいろ教えてもらった。
整体業界に転職するにあたって経済的な不安が大きくてブロックになってたんです。
出も今回、現役で働いている方の話を聞けたことで過度な不安だったことに気づけました。

指導してもらったり助けてもらったり、人に恵まれてるなぁ、僕。感謝。

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です