ブログ仲間のブログを読んで思ったこと

こんにちは、変わる人です。

 

ブログ仲間がブログ更新してたので読んでみました~。

 

amondo-mondo.hatenablog.com

 

ぜひ上記のブログに飛んで読んでみてほしいんですけど、三行で言うとこういう内容。

  • 自分の容姿に自信がある人
  • 羨ましくもあるし妬ましくもある
  • ネガティブな感情(・A・)イクナイ

 

こういうこと、ぼくもよくあります。

そういうときぼくはこうするよ〜という話です。

 

 

 

自分の感情を認めてあげる

まずは自分が思ったことを認めてあげます。

例えば冒頭のブログ仲間の状況だったら、「自信過剰な人に腹がたったんだね。」と。

ネガティブな感情だろうが常識的に考えてあり得ない暴論だろうが認めてあげる。

 

認めてあげないとこうなる

ぼくの場合、自分の感情を認めてあげないまま、

「人に対してこんなこと思うの良くない。」

みたいな、自分を責めるような思考が浮かんでくるんです。

 

その思考、頭では正しいと思っても心が納得できないんですよね~。

 

で、心が納得できてないことって、必ず心の中に引っかかって残っちゃう。

そして、後々になって吹き出してくる。

  • やっぱり相手が悪い!とイライラしたりとか。
  • ふとした時にその人に対して言いすぎてしまったりとか。
  • 悪口・陰口を言ってしまったりとか。

 

「心に引っかからないように自分の中で消化してあげる」、ってうのが「自分の感情を認める」という行為なんだと思います。

  

認めてあげるとこうなる

なんだか冷静になってきて

  • 「自分が悪いところろもあるな」と素直に反省したり
  • 「やっぱり相手が悪いと思うけど、まあ許してやるか」とおおらかになれたり

することが多いです。(残念ながら毎回じゃないんですけどねw)

  

自分の感情を認めるためのコツ

とはいえ、

  • 自分の感情を無条件に認めてあげるなんて出来ない。
  • それって自己中ってことじゃない?

って思う人もいると思います。何を隠そうぼくがそうですwww

 

そういう方にコツを伝授。

 

良い悪いの判断をしないで淡々と書き出す

自分がどういう感情を持ったのかを書き出す。

そのとき、良い悪いの判断はしないように心がけましょう。

単なる事実として淡々と書き出していくのがコツです。

 

簡単そうに思えますけど、ぼくにとってはむずかしい。

自分の心に浮かんだ感情って次の瞬間にはその感情に対する思考が始まって、価値観や常識に照らして良い悪いの判断をしちゃいます。

 

その思考に邪魔されず心の感情を感じ取るのって意外と難しい。

実はぼくだけじゃなくて、ほとんどの人って出来てないんじゃないかなと密かに思っています。(全くなんの根拠もないけどw)

 

本当に、事実を淡々と書き出すという作業に集中することができると、自分の心の感情が生のまま書き出されるます。

で、書き出された感情を見ると自分の感情を客観的に見ることになる。

「意外とこんなこと思ってたんだ!」という新しい発見があったり、「確かにそうおもうよなぁー」と、自分で自分に共感するという謎の減少が起こるかも?w

 

書き出すときはマインドマップがおすすめ

あともう一つコツをお伝えすると、書き出すときにはマインドマップを使うとイイですよ!マインドマップがどんなものなのかについてはご自身でググってみてください。(手抜き)

 

自分の感情ってどんどん移ろっていきます。

それを直線的に書き出す(授業のノートを取るような感じ)のって難しいんですよね。

自分の感情は授業みたいに体系立ってるわけじゃないし、ゆっくり書き出してたらあっという間に移ろっていってしまうので。

 

その点、マインドマップは頭に浮かんだことをどんどん書き出していける。ほんとおすすめです。

 

まとめ

人に対してネガティブな感情を持っちゃうことがよくあるけど、まずは自分の感情を認めてあげるとイイよっていう話でした。

ちなみにぼくの対処法はちゃんとした根拠に基づいたものじゃなくて、ぼくが勝手に考えて実践してるだけです。^^;

すべての人にとっていい方法かどうかはわからないですのでご参考程度にしてください~。

 

では、また。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です